2010年08月08日

ギヤ比について考える

みなさんこんにちは。

昨日は手賀沼に花火を見に行きました。我孫子に4年住んでいて初めて見に行けました。いつもなんだかんだ出かけていて見れませんでした。
今日はこれからトイストーリー3を子供と見に行こうかと。

というわけで最近暑いので走ってません。
ツーキンは週3回ぐらいしてますが汗だくです。

さて前回のエントリーでxiaoxiongさん、ヤマグチ。さんよりギヤについてのコメントを頂いてましたが、私のinfinitoは50−34Tでした。訂正いたします。

ということで、みなさんこれを使いこなしているわけですが、フロントトリプルに慣れてしまった私には少々使いづらい気がしております。そこで今までとどう違うのか?比較してみましょう。

PURE DROPはフロント48−38−28T、リア12−28Tと、お気楽な構成になっていました。シクロクロスなので、リア側が28Tもあったのでしょう。

それで常用しているのがフロント38Tで、激坂になったら28Tに変えてました。で、48Tは、よほどの追い風でもない限り使わない状態でした。つまり1日中38Tのままということもありました。

それが50−34Tになって、やっぱり50Tを使いこなせるはずもありません。よって1日中34Tのままとなりそうです。そこで今までの38Tと34Tはどう違うのか表にしてみました。

38-34.png

こういう表しかたでいいのか判りませんが、38Tと34Tでケイデンス90のときの(最高ここまでしか廻せないないということで。。)速度を、ギヤ毎に並べてみました。

38Tの方はリアが8速なので、ギヤ1枚の変化でだいたい3km/h変化しますが、34Tの10速はだいたい2km/hずつと、きめ細かな変速ができます。

私が注目したのはリアが一番大きなギヤのときの速度が同じことです。また、リアが一番小さなギヤの時の速度は34Tの方がかなり低いです。しかし38Tでリアを一番小さいギヤにすることは、まずありませんでしたので、これで十分だと思います。

ということで、なんだ38Tより今の34Tの方がきめ細かくなって良かったじゃないの。ということで終わります。

さて、問題はフロントトリプルのときは、38Tの下の28Tを使えたことです。今回はこれがありません。よって激坂は登れないことになります。さきほどの表に28Tを追加してみましょう。

28-38.png

28Tの威力は絶大ですね。34Tや38Tの下にギヤ3枚も余裕があります。

結論として25Tより楽なスプロケットを買うぞ〜(笑)



posted by spirit at 12:26| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は10速化した最初から12-27にしたので、25Tとの比較はできませんがだいぶ楽なようですよ^^)v

ところで200キロ、ご一緒にどうですか?
Posted by ヤマ。 at 2010年08月10日 16:13
ヤマ。さんこんばんは。
スプロケット発注しちゃいましたー。

200kmのお誘い光栄です。
ヤマグチ。さんは凄いなーと思っておりました。
私も駆けつけたいところですが、この3連休は18、19日と仕事だと思います。
とっても残念です。といいつつフリーだったら行けたかな?というような距離なので悩ましいです。
頑張ってくださいねー。
私も自信が着いたらいつかお願いします!
Posted by spirit at 2010年08月10日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック